2019年6月30日日曜日

マミーズタッチ青山閉店しました スタッフへのメッセージ

本日をもちましてマミーズタッチ青山が閉店いたしました。

表参道という素敵な街で、

23年間もの長い間、

サロンを続けることができましたのは、

マミーズタッチをご愛顧くださり、

通ってくださったお客様と、

マミーズタッチで働いてくださった、

スタッフのおかげだと思っております。

ありがとうございました。
 
諸事情からブログアップを控えておりましたが、

今日はかなり感傷的に、

マミーズタッチと、スタッフへの想いを綴らせていただきます。


マミーズタッチというサロンは、

1992年に創業したエステ・ド・クラッテが軌道に乗り、

予約を取るのが困難になったことで始めた、

私のふたつ目のサロンでした。

コンセプトを創案した30歳の時から今日まで、

「こんなサロンがあったら通いたいなぁ」

という私の願いを込めて作りました。

具体的には、、、

・身体が楽になる
・聞き上手癒し系スタッフがいる
・リーズナブルな価格設定
・お洒落で便利な場所にある

こんな感じでした。

時代に合わせて変わったところもありましたけど、

核の部分は変えずにこれたと思います。


足裏の反射区にきちんと刺激を伝えたいので、

細い女性の指でもしっかり押せるように、

お客様にうつ伏せになって頂いてスタートするリフレクソロジー、

材料として上質な精油を使うことは私のこだわり、

そこにリンパマッサージを組み込んだことが、

マミーズオリジナルのマッサージの特徴でした。


お客様に足のスッキリ感を感じて頂くためにと、

マミーズスタッフにはハードなトレーニングを経て、

私の技術チェックに挑戦してもらいました。

そこで合格すると、

やっとお客様のお手入れに入れるようになるのです。

素質が有って短い期間で合格し、

お客様に受け入れて頂けたスタッフも数人はおりました。

でもほとんどのスタッフが、

なかなか満足いく仕上がりにならず、

朝練、夜練を繰り返し、技術習得に励んでいました。

練習中は親指の付け根が痛くなり、

ドライヤーを持つのも大変なほどになるのは、

全員が通った道だったと思います。

腎臓ー膀胱の反射区に親指を沈める難しさ、

みんなが覚えているところだと思います。

過酷だったと思うけど、本当によく頑張ってくれましたね。


個室でのマンツーマンの接客が、

苦手だったスタッフも少なくありませんでした。

話しやすいお客様ばかりじゃないし、

マッサージが必要なほど疲れているときは、

誰だって普段より多少は不機嫌なものです。

それに対して苦手意識を持たずに

お客様にはゆっくり過ごして頂き、

今日サロンに来てよかったなぁと、

思っていただけるような気持ち良い接客を

してもらいたいと思ってきたのですが、

私のイメージ通りに揃えることは難しくて、

伝わらずにもどかしかったことと、

苦労したことは印象に残っています。

アロマの事と施術の事は学んできましたが、

経営や接客については自己流でしたので、

スタッフから相談された事に答えられない時には、

悩みの解消になりそうな本を探し、

自分で読んでみて内容を確認し、

その本を勧めて読んでもらったことも多々有りました。

本が苦手だったスタッフにはキツかったと思います。

話し方はプロの研修を受けてもらいました。

解剖学やアロマの勉強会を定期的に行い、

技とトークの技術を磨いてもらいましたね。

マッサージは身体が道具になる仕事なので、

自分たちの心と身体の整え方も伝えてきました。


振り返ってみれば、

その時々これがベストと思って

お客様に向き合うということを、

伝えてきたつもりでしたが、

こだわりが強すぎて空回りしていたようにも思います。


今ならもっとうまくできただろうに、、。

と、当時の記録を見て思うことが有ります。

経営者としては正しい判断をしていても、

私自身、何が正解かわからなくなって、

矛盾に悩んだ事もたくさん有りました。


サロン運営における理想と現実のギャップ、

性格も育った環境も考え方も違うスタッフを、

自分の考える理想の形に変えていくという、

無謀に挑戦した事で、

苛立って絶望した日も有りました。


反面、

できなかったことができるようになった時の、

スタッフの喜びや輝く笑顔、

お客様から頂いた言葉を幸せそうに抱きしめて、

私に報告に来るスタッフの愛おしさを感じることもたくさん有りました。

直接お客様からスタッフを褒めて頂いた時の誇らしい気持ち。

それが私にもたらす幸福感。

大変だったスタッフほど、今でも強く印象に残っています。


忙殺されて好きな本を読む時間も、

自分のお手入れをする時間も取れずに、

心身ともに疲れてしまい

自問自答することが何度も有りました。

大好きなアロマやマッサージについて、

自分の勉強を続けた方が良かったのではないだろうか?

私が選んだ道は、正しかったのかしら?


結果はっきりしています。

技術者として自分だけの技を追求し、

一人で興味のある分野を勉強していく事よりも、

苦しい修行のようだと感じてきた28年間の方が、

断然意味があったと、今ならわかります。


こんなに長くサロンをやってきましたので、

たくさんのスタッフとご縁が有りました。

短いご縁、長いご縁。。。

素敵な形で独立して成功した人。

自宅サロンでマッサージをしている人。

他所で立派に働いている人。

私の未熟さゆえ、残念ながら去っていった人。

素敵じゃない去り方をした人。

想像を超えるドラマチックな辞め方をした人。

人間として女性として、

心から尊敬できる人もいました。

中にはその正反対の人もいました(苦笑

本当にいろんな人がいました。


それでも、、

現在と過去のスタッフに、

心からありがとうございましたとお伝えしたいです。

若く未熟で経営に無知だった私の夢に、

賛同して付き合ってくれたみなさんが、

頑張って頑張って、本当に頑張って、

マミーズの技術と接客のタスキを繋いでくれたからこそ、

マミーズタッチは今日まで存続してこれたのですから。

スタッフからいろんなことを教えられたのは、

私の方だったのだと思います。

心からの感謝とともに、みなさんの今後の幸せを願います。


マミーズOBの何人かから、

青山閉店のブログを読んだと連絡をもらいました。

何年振り、何十年振り、23年振りの方もいました^^/

内容は私の宝物にしておきますが、

とても嬉しかったです。

ありがとうございました。


今回はスタッフに当てたメッセージでしたが、

長文読んでくださったお客様、

私のサロンへの想いはそのままに、

引き続き代々木上原でお手入れは承ります。

今後は私もサロンでお待ちいたしております。


マミレヴィ

2019年5月18日土曜日

マメ君3歳になりました

今日はマメ君の3歳のお誕生日でした。

義理の息子になったロディと一緒に散歩へ。



ビデオも撮ってみました。

一人じゃできない走る散歩のスタイルに

マメ君も満足な様子でした。

マミレヴィ
https://www.mamileavey.com

2019年5月14日火曜日

明治記念館のお庭にて

明治神宮から明治記念館へ移動して、

披露宴前にお庭での撮影タイム。

天気であることを願った一番の理由は、

ここでの記念撮影です。

美しい天気で本当に良かった。

明治記念館はお庭が素敵なので、

お茶やランチで愛用している、

私のお気に入りの場所のひとつです。

写真撮影をしている新郎新婦の姿を見ると、

幸せな気持ちになれる素敵な場所。

ここで有理紗の花嫁姿を見ることができて、

とても幸せでした。



参列してくれた友達は、

これまでずっと私とアリサを支えてくれた、

かけがえのない大切な人たち。

この日のために、

シドニーやロンドンから来てくれた友人もおります。

娘の大切な日を一緒に迎えて頂くことができて

本当に嬉しいです。



てっちゃん、たかしちゃん、キース、謙太郎さん、
ヨッシー、リーチ、小林さん、ジャイルズ



クミちゃん、ノリちゃん、史恵ちゃんと



アリサの友達アウトバッカーと
彼らとは忘れられない爆笑メモリーが
たくさんあります^^



今後、妊活でお世話になるかもしれない
血流王子のヨッシー



小林夫妻、渡邊夫妻と



これからはロディオンと一緒に、

素敵な人とのつながりを築いていってくださいね。

マミレヴィ
https://www.mamileavey.com

明治記念館での披露宴の様子

披露宴の幕開けは、

手作りのオープニングビデオでした。

ふたりの共通の趣味が旅行で、

出会いから3年半で回った国は13カ国。

旅先でのいろんな出来事を経て、

愛を育んだのでしょう。


日本とロシアの文化を取り入れたいと、

鏡開きからスタートしました。

ここで早速ハプニングが!!

MCが、3、2、1で「よいしょ」と掛け声をかけますと、

手順を説明してくださっている時の「よいしょ」に合わせて、

私たちはいきなり勢いよく樽を割ってしまいました。

会場は大爆笑。

せっかちな私たち。

でも、一気に緊張が解けました。





乾杯のご挨拶は私の友人のたかしちゃんから

思い遣りにあふれたメッセージ、

ありがとうございました



ケーキカット



お色直しに行く新婦の手を取ってくれたのは、

子供の時からの親友、かなえちゃん



お色直しをして戻ってきたドレス姿の有理紗を見て、

胸が詰まりました

ベールダウン



父親から新郎に手渡されて

誓いの言葉を交わしました

セカンドセレモニー





ロシア式にウォッカで乾杯の音頭は

皆様の健康を願ってと、

新郎のお父様の掛け声で





オペラ歌手の吉村さんには、

新婦のリクエストで、

アヴェマリアとオーソレミヨを歌って頂きました




念願だったファーストダンス

曲はエルビスの「好きにならずにいられない」



その後のダンスタイムでは、

ノリノリの曲に合わせてみんなで踊りました

日本では披露宴でダンスって馴染みがありませんが

欧米では人気のようで、

どうしても取り入れたいという新婦の願いだったので、

参列者の皆さんに踊っていただけるよう根回ししたのですが

そんな心配は必要ないくらい盛り上がったので

安心しました







新婦から私と家族への手紙には、

とても素敵な感謝のメッセージが綴られており、

感極まりました



最後の親族代表の私の挨拶は、

泣きすぎて話せないことが想定できたので、

あらかじめビデオレターを用意してありました

新婦へのサプライズビデオです

大崎さん、素敵なビデオありがとうございました


MCを務めてくださったのは、

FM BIRD所属の高木マーガレットさん

ZIP-FMのGOODYでパーソナリティーをされています

てんこ盛りの披露宴の中身をしっかりとまとめて、

素敵ななMCで会場を盛り上げてくださいました

マコさん、最高の方をご紹介くださりありがとうございました



ハプニングあり、笑いあり、歌あり、

感動あり、心拍数アップあり、涙ありの、

楽しく思い出に残る披露宴になりました。

ご参列くださった皆様、

ふたりの門出を一緒に祝ってくださり、

本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

マミレヴィ
https://www.mamileavey.com

ロディとアリサの挙式@明治神宮

娘の結婚式の日。

雨の予報を見事に覆し、

美しいお天気に恵まれました。

家族と友人に暖かく見守られ、

無事に夫婦になることができました。

挙式はお宮参りの時からお世話になっている、

明治神宮で執り行っていただきました。







お友達がお祝いの気持ちを込めて、

挙式の写真を撮る為に、

客殿の前にスタンバイしてくれておりました。

その笑顔を見て、緊張が和らぎました。

アヤさん、裕子さん、

素敵なお写真ありがとうございました。

山崎選手、ユカさん、ウタちゃん、

走って追いかけながら撮ってくれていましたね。

すぐに素敵な記事をアップしてくださり

ありがとうございました。





リーチ、素敵な写真ありがとう!







挙式は神殿の厳かな空気の中で執り行われました。

新郎が打ち合わせに行ったのは、

前日の1時間のみだったので、

うまくできるか心配でしたが、

有理紗がしっかり伝えて練習していたようです。

滞りなく誓いの言葉も読み上げることができました。

挙式の様子を撮影できるのは2名だけとの事だったので、

今回は、いつも美しい写真を撮る堀江さんと、

麻美ちゃんにお願いしました。

素敵な写真に大満足です。





挙式に参列してくれた友人と家族。



97歳の曽祖母と。

家族に喜んで欲しくて、

和装で行う日本の結婚式を選びました。

アリサの好きなようにして良いと言ってくれ、

希望を叶えてくれたロディにも感謝です。



クミちゃんが綺麗に撮ってくれました^^



ロディの両親と



小林夫妻と



小森ファミリーと



渡邊夫妻と



シドニー、ロンドン、東京チーム



レヴィファミリーと



愛子ちゃんと

マミレヴィ
https://www.mamileavey.com